今回は冬のアウターとして重宝する、チェスターコートを使った着こなしをご紹介します。まずはチェスターコートの特徴について解説します。元々スーツの上に着るような「超こぎれいなアイテム」としての印象が強いのが、このチェスターコートというアイテムです。

だからこそ、このアイテムを私服として使う際には、いかにビジネスライクな印象を和らげるかが最大のポイントになるわけです。今回は内側にシャツを合わせていますが、あえて外出しで着ています。更にはシャツの中でも最もカジュアル度の高いデニムウエスタンシャツを合わせています。これでかなりカジュアルな方向に寄せることができました。

ボトムスもホワイトジーンズを合わせることで、カジュアルさを出しています。グレーパンツなどだとちょっとこぎれいすぎるかもしれないですね。ホワイトジーンズはデニムシャツとの相性を考えて合わせています。足元に革靴だとちょっとビジネスライクな感じが強まりますので、ここはスリッポンスニーカーを合わせました。これでようやくチェスターコートの真面目さをカジュアルに落とし込むことができました。

細部に注目!

細かなポイントを見ていきましょう。デニムウエスタンシャツのボタンなのですが、今回は第一ボタンまできっちりと締めています。もちろん第一ボタンを外して着るのもOKなのですが、こういうカジュアルなシャツを第一ボタンまでしっかり締めて、こぎれいに着るスタイルがおしゃれな人の間では少し流行しています。

続きを読むにはログインしてください