Jk
こんにちは!
コウヤマです。

今週のコーディネートは、明るめのネイビージャケットとグレーのスラックスを使った夏のジャケパンスタイルのご紹介です。

今回は、「ダブルのジャケットがおススメです!」ということでもなく、「暑い時期でも頑張ってネクタイをしよう!」というつもりもありません(笑)

実際、職場でダブルのジャケットを着ていくというのは少々ハードルが高い気がしますし(職種にもよりますが)、夏の35度近い気温でネクタイをしめるというのもなかなか大変ですよね。(最近の日本の夏は暑過ぎです…)

では、今回おすすめしたいことは何かというと、「夏は色のトーンを少し明るくしたり、軽めの素材のアイテムを着ると清涼感が出やすい」ということです。

クールビズ期間中、黒スーツや濃紺のスーツにネクタイを外したスタイルや、ワイシャツにスーツの組下のパンツ(これも黒や濃紺)の方をよく見かけます。暑い時期に、全身色が濃いビジネスファッションは、どうしても暑そうに見えてしまうことも少なくありません。何より、それを着用しているご本人も暑いことでしょう。

お仕事によっても「色の制約」はあると思いますが、可能であれば濃いネイビージャケットを夏は、少し明るめのネイビージャケット(形はシングルでオーケーです)に変えてみる。

ブラックや濃紺、チャコールのスラックスをライトグレーのスラックスに変えてみる。(もちろん、ネイビースラックスなどでもオーケーですが)

色のトーンを少し明るくするだけでも、思いのほか涼しげな雰囲気が演出できます。

続きを読むにはログインしてください