大人の男性に適したブランド・ショップ大全

こちらの記事では「ブランド・ショップ」について掘り下げてお伝えしたいと思います。 同じようなデザインの服でも、ブランドやショップによる「格」というものが存在します。せっかくだったらおしゃれな人が見た時、「おっ、そこの服を着ているんですね!」と思わたいものですよね。 たとえばジーンズだったら、おしゃれな人は「リーバイス」を選び、よく理解していない人は「エドウィン」を選びます。両者は同じような価格帯でありながらも、おしゃれな人から見れば、その差は歴然。だからこそブランドやショップにおける基本知識を持っておくことには価値があります。 ちなみにリーバイスといえば、ジーンズの原型を開発した会社として、たくさんのファンがいる老舗ブランドです。ビンテージのジーンズをコレクションしている方も多数いらっしゃいます。 実はファッションについて学びを深めていくと、特定のブランドやショップに必ず行き着きます。「ジーンズだったらリーバイス」「ニットだったらジョンスメドレー」など、それぞれのアイテム毎にトップランナーと呼べるようなブランド・ショップが存在するのです。 またショップにも「格」が存在します。MFSでもおなじみのセレクトショップというものに関しても、改めてどんな種類があるのかを知っていただければと思っています。 かなりの分量になりますので、松竹梅で価格帯毎に分類しています。ご自身に適した価格帯のものを目安としてみてください。 それでは早速見ていきましょう!

セレクトショップ

まずはMFSでも一番ご紹介することが多い「セレクトショップ」というジャンルについて見ていきましょう。元々は様々なブランドのアイテムを1つの店舗にセレクトして置いてあるため「セレクトショップ」という呼び名が付きました。 今でもセレクトされた優秀なブランドアイテムも並びますが、一方でどのお店も自社ブランドのアイテムを並べています。中にはほとんど自社ブランドばかりが置いてあるショップもあります。かなり範囲は広いです。 早速、松竹梅形式でセレクトショップを見ていきましょう。
高価格帯
■バーニーズニューヨーク ■エストネーション
中価格帯
■トゥモローランド ■ユナイテッドアローズ ■ビームスF ■エディフィス ■シップス ■ナノ・ユニバース
低価格帯
■ユナイテッドアローズグリーンレーベル ■ビーミングライフストア ■アーバンリサーチドアーズ

スーツ系ショップ

スーツを買う際におすすめできるショップは以下の通りです。(価格帯順)(ショップオリジナル)
■バーニーズニューヨーク ■ビームスF
■トゥモローランド ■ユニバーサルランゲージ
■ユナイテッドアローズグリーンレーベル ■スーツカンパニー

ニットブランド

■クルチアーニ ■ジョンスメドレー ■ザノーネ ■トゥモローランド(オリジナル)

Tシャツブランド

■スリードッツ ■ジェームスパース ■フィルメランジェ ■各セレクトショップのオリジナル ・ユナイテッドアローズ ・トゥモローランド

ジャケットブランド

■ラルディーニ ■タリアトーレ ■リングヂャケット

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。