ブランドを理解する

ファッションセンスを磨くためには、正しいブランド知識を身に付けることが大切です。ブランドと聞くと「どうせ高いんでしょ?」と思う方も多いと思います。

もちろん決して安くはありません。しかしブランド物にも様々な種類があります。ここではブランドにおける正しい知識を身に付けていきたいと思います。

ブランドを正しく理解する

ブランドと聞くと「ルイヴィトン」や「グッチ」や「バーバリー」など、誰もが聞いたことのある有名なブランドを想像する人も多いかと思います。もちろんこれらも「ブランド」です。

ただし、このコンテンツでお薦めしたいブランドとは異なります。こちらでお薦めしたいブランドというのは「専門ブランド」のことを指しています。

専門ブランドとは?

餅は餅屋とはよく言いますが、ファッションの世界にも専門ブランドというのが存在します。どういうものかというと、「◯◯を専門にしているブランド」です。

例えばニット専門ブランドやボトムス専門ブランド、ジャケット専門ブランドなど、アイテムごとに特化したブランドが存在します。

お洒落な人だけが知っているこのような専門ブランドを知っておくことで、ファッションセンスが磨かれていきます。

これらの専門ブランドは、誰もが知る有名ブランドに比べると、値段的にはお手頃に感じられると思います。ぜひお店で実際に手に取ってみることをお薦めします。

ジョン・スメドレー

それでは具体的に専門ブランドをご紹介したいと思います。まずはニット専門ブランドの「ジョン・スメドレー」です。

pic26

ファッションに詳しい方は必ず知っている名門ブランドです。イギリスの老舗ニットブランドで230年以上続く老舗のブランドです。

形は至ってシンプル。飽きなく使えるアイテムです。このようなニットであれば、長く使うことができます。

お薦めは上の写真のようなニットカーディガンです。Tシャツの上にさらりと着てもいいですし、シャツの上にも着られます。その上にジャケットを羽織ることもできます。

このような上質なニットを年に1枚ずつ新調するというのが、賢いお買い物の仕方だと思います。まずは紺かグレーをお薦めします。

Tシャツ専門ブランド「スリードッツ」

pic27

続いてご紹介するのがカットソー(いわゆるTシャツ)専門ブランドのスリードッツです。Tシャツというのは、ユニクロで1000円で買うことができるものですが、やはり安い物だと大人の休日着としてはあまりテンションが上りません。

数は2〜3枚で構いませんので、しっかりと上質な物を選ぶことが大切です。スリードッツのTシャツは専門店だけあって、とても形が綺麗です。

お薦めはシンプルな丸首のタイプか浅めのVネックのタイプ。無地の大人っぽいTシャツが揃うことで、着こなしのバリエーションが広がります。

ニューバランス

pic2

スニーカーの中で大人が履いて様になるのがニューバランスのスニーカーです。何より「お洒落な大人はニューバランスを履いている」といったイメージが実は10年ほど前から脈々と築き上げられてきているのです。有効に使うと良いでしょう。

ただし、ニューバランスのスニーカーでも2万円以上の価格帯の物を買ってください。なぜならカジュアルな印象の強いスニーカーを上品に履きこなすためには、素材が上質であることが不可欠だからです。

大人が休日に履くスニーカーですので、少し奮発してM996やM1400など、2.5万円前後の物を買い揃えてみることをお薦めします。

シャツ専門ブランド「フィナモレ」

pic3

シャツにも専門ブランドがあります。イタリア系のシャツブランドとして知名度が高いのがフィナモレです。

価格は3.3万円前後と、シャツにしては非常に高価ですが、上品なシルエットを備えた大人のためのシャツです。定番のデニムシャツやギンガムシャツなど、2枚ほど揃えておくと重宝するかと思います。襟が特徴的で、第一ボタンを外した時の広がり方が綺麗です。

ユナイテッドアローズやエストネーション・バーニーズなどで取り扱いがあります。ぜひ一度試してみてください。

眼鏡「フォーナインズ」

pic28

眼鏡の専門ブランドとして積極的にお勧めしたいのがフォーナインズです。このブランドは掛けやすさもさることながら、デザイン性も非常に優れています。お薦めは金属製のフレームよりも、プラスティック製のフレームです。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。