色彩の知識

colors

続いて色彩についての基本知識をお伝えします。世の中には様々な色の服がありますが、基本的な色彩の知識さえ身に付けておけば、色選びに迷うことがなくなります。

「自分に似合う色」よりも「誰にでも似合いやすい色」から揃える

20160806172053300_500
http://i7.wimg.jp/coordinate/0m4wem/20160806172053300/20160806172053300_500.jpg

色彩においては様々な考え方があります。ここ数年では「カラー診断」というものが流行っています。「あなたの肌には◯色が似合います」など、個人に適した色合いをアドバイスしてくれるサービスです。メンズファッションスクールでは、このようなカラー診断的なアプローチは一切行いません。

まずは、自分の肌に似合う色というような、細部に着目するのではなく、大人の男性であれば、誰でも似合いやすい基本となるような色使いを知ることが大切です。基本を押さえた上で、気になる方はパーソナルカラー診断を受けてみるのも良いかもしれません。

逆にカラー診断から入ってしまうと、色に縛られすぎてしまい、コーディネート全体がまとまりにくくなります。これでは本末転倒です。まずは基本からしっかり身につけていきましょう。

大人の男性に似合う色を理解する

大人の男性が積極的に選ぶべき色は決まっています。「紺」「グレー」「白」「淡いブルー」「黒」「焦げ茶」の5色です。これらの色は、どんな色彩とも相性が良いので、積極的に使うべき色と言えます。中でも特に重要な色は「紺」「グレー」「白」です。つい男性は黒ばかりを選んでしまいがちですが、実は黒は

紺=もっとも重要度の高い色

2

大人の男性ファッションにおいてもっとも重要な色は「紺」です。黒に比べると、ほんのりやわらかみがあって、異性からの印象も良いです。たくさんの色の選択肢がある中でも、まず真っ先に選ぶべき色だと思っておいて下さい。特にジャケット・コート・ニットなどのアイテムは紺を選ぶのが鉄則です。

上の写真のように、紺のジャケットに白いシャツを合わせ、下にブルージーンズを合わせる着こなしは、まず失敗することはありません。

大切なのは、着こなしの中にどこか1点だけでも紺を取り入れることです。ジャケットでもいいですし、コートでもいいです。上半身が明るいの場合は、紺のコットンパンツを合わせるのも良いです。大人の男性は紺を中心にファッションを構成することで失敗を減らすことができます。

黒には注意が必要です

一方でもっとも身近である「黒」には注意が必要です。黒というのは、実は無難な色ではありません。大きな面積で使うと、とても無機質な印象になりますし、重たすぎてしまいます。黒の代わりに「紺」や「グレー」を使うことをお薦めします。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。