ビジカジスタイルにおける基本的なコーディネート

こちらのページではビジネスカジュアルの王道と呼べるいくつかのコーディネート事例をご紹介したいと思います。

どれも「基本中の基本」と呼べるコーディネートですので、まずは自己流で着こなすのではなく、このままの状態を試してみてください。基本のスタイルさえしっかり身に付けてしまえば、そこから個性を加えることは難しくありません。まずは徹底して基本的な着こなしに慣れることが大切です。

揃えておきたい「基本アイテム」

まずは改めてビジネスカジュアルを構成する基本アイテムを理解しておきましょう。これらがコーディネートにおける材料となり、材料さえ間違わなければ、コーディネートで大きく失敗することはありません

①ネイビー無地ジャケット
②白のワイドカラーシャツ(ボタンダウンシャツも可)
③ストライプ柄のワイドカラーシャツ(ボタンダウンシャツも可)
④ミディアムグレーのスラックス
⑤カジュアル感の漂うネクタイ
⑥ミディアムグレーのジャケット
⑦ネイビーのコットンスラックス(綿×ポリエステルとの混紡素材も可)

これらのアイテムさえ揃えておけば、基本的な着こなしが実現可能になります。スーツカンパニー、ユニバーサルランゲージ、ユナイテッドアローズグリーンレーベル、バーニーズなど、ご予算に合ったお店で揃えてみてください。

続いてコーディネートを見ていきましょう。

コーディネート例

ジャケパンスタイルにおいて「ベース」となるのが、ネイビージャケット×グレースラックスの組み合わせです。この組み合わせを守りつつ、ジャケットの下に合わせるVゾーンを変えるだけで、コーディネートにバリエーションを持たせることができます。

白シャツ

ネイビーのジャケットに白のワイドカラーシャツ、そしてグレースラックスを合わせた、もっとも王道的なビジネスカジュアルと呼べます。まずはここから始めてみましょう。おしゃれが好きな人から見ると、少し物足りなさを感じるスタイルではありますが、周囲とのバランスを考えながら着こなしを構成することも大切です。

少しアクセントが欲しい場合は、上の写真のようにポケットチーフを入れるのも◎ ベルトと靴はいつもの黒ベルトに黒のストレートチップでまったく問題ありません。少しカジュアル感を高めたい時には、ダークブラウンのベルトとストレートチップの靴に変えてあげれば完璧です。

ストライプシャツ

個人的にもっともバランスの良いビジカジコーディネートと考えているのがこちらのスタイルです。ネイビージャケット×グレースラックスという基本形に、ストライプのシャツを合わせています。

先程のコーディネートに比べると、ストライプのシャツが着こなしの中でアクセントになっています。白シャツの物足りなさを解消してくれているのが分かるかと思います。奇をてらわず、地味になりすぎない、バランスの良い着こなしですのでぜひ試してみてください。

シャツ×ネクタイ

ビジネスカジュアルが少しずつ社会に浸透してくる中で、そのラフなスタイルの反動で、「もう少しきれいめなビジカジスタイル」というものが生まれました。それがネクタイを合わせた上のようなスタイルです。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。