私服における基本的な考え方

1

カジュアルウェア(私服)の基本的な考え方について解説します。私服というのは、自由度が高いだけに、もっとも難易度が高いジャンルになります。しっかりと基本を身につけて、ぜひ実践していただきたいと思っています。

私服は「アイテム選び」でほぼ決まる

まずはみなさんに「揃えるべきアイテム」についてお伝えします。実は私服において重要なのは、「コーディネート」ではありません。ファッションというと、ついコーディネートが重要だと考えてしまう人が多いのですが、実はこれは誤解です。大体はアイテム選びの段階で勝負が決まってしまいます。

まずは「失敗しないアイテム」を買い揃えること。これが一番大切です。ベースとなるアイテムさえ揃えば、極端なことを言えば、どう合わせてもコーディネートは失敗しません。逆に、アイテム選びの時点で失敗しているからこそ、どう合わせても素敵に見えないのです。

大切なのは、コーディネートではありません。まずは失敗しないアイテム選びから始めてみましょう。

コーディネートはたくさんの事例を見て学ぶ

基本的なアイテムが揃ったら、コーディネートにも少しずつこだわりを持つことが大切です。コーディネートの上達の一番の近道は、多くの事例を見ることです。メンズファッションスクールでは、数多くの優れた着こなしを解説付きでご紹介しています。まずはコーディネートに見慣れることが大切です。目が慣れてきたら、実際に真似てみると良いでしょう。

コーディネート事例はこちらから確認ができます。https://so-school.tokyo/category/coodinate/

まずは手軽に始めて、少しずつこだわりを持つ

私服にどれくらいのお金を掛けるべきなのでしょうか? 最初は無理のない範囲から始めてください。なぜなら、最初のうちは買い変えなくてはいけないものがたくさんあるからです。あまり1点ずつの単価を上げすぎてしまうと、いくらお金があっても足りません。

まずは無理のない範囲から買い揃えてみてください。シャツ1枚に3万円を掛けるのであれば、シャツ、ボトムス、ジャケットの3点をリーズナブルに買い揃えた方がいいです。まずは全身をまんべんなくレベルアップしてみてください。一通りアイテムが揃ったら、次は少しずつ1点あたりの単価を上げていくのが一番良い方法です。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。