カラーコーディネートの基本

こちらではカラーコーディネートの基本について解説します。

色合わせのコツを知ることで、コーディネートが一段としやすくなります。ぜひ日々の着こなしの中で実際に試しながら、基本を身に付けてみてください。

ネイビーを中心に色合せを考える

着こなしの中でベースに添えるべき色といえば、圧倒的に「ネイビー」です。特にジャケットやコート、ニットなど、上半身の外側に位置するアイテムにはネイビーを選ぶと失敗しません。ネイビーは着こなしを引き締めてくれる効果もありますので、積極的に活用していきましょう。ネイビーは様々なカラーとの相性も良いので使いやすいです。

ネイビー×ホワイト

ネイビーとホワイトの組み合わせは、もっとも爽やかに見える色合わせです。春夏はもちろん、秋冬のコーディネートにも活用することができます。上半身にネイビーのジャケットやニット、コートを着て、ボトムスはホワイトジーンズを合わせるのが基本的な配色になります。もっともおしゃれに見えやすく、取り入れやすい色合わせですのでぜひ試してみてください。

ネイビー×ブラック

ネイビーとブラックも非常に相性の良い色です。ネイビーよりも更に深みのあるブラックを合わせることで、着こなしが締まります。主に秋冬のコーディネートに使える色合わせになります。上半身にネイビーのアウターを。そしてボトムスにブラックジーンズを合わせるといいですね。

ネイビー×グレー

ネイビー×グレーは【ビジネスカジュアル】の要素を取り入れた配色です。ネイビーのジャケット(ニットやアウターも◎)にグレーのパンツを合わせれば完成します。少しきれいめな印象が強い配色ですので、レストランでの食事などの際に取り入れると重宝します。

全身を同じ色で構成しない

pic44

コーディネートが苦手な人がよく陥るのが、全身同じような色で合わせてしまうことです。写真のようにすべて黒を選んだり、逆にベージュなどの淡い色だけを選んだり。このようなコーディネートは難易度が高いです。

例えばネイビーのジャケットにデニムシャツを合わせます。そこにブルージーンズを合わせてしまうと、全体が「青一色」になってしまいます。ブルージーンズではなく、ホワイトジーンズを合わせるとバランスが取れます。もしくはデニムシャツの代わりに、白シャツを合わせるのもいいですね。着こなしに1点だけでも明るさを取り入れると良いでしょう。

【黒一色】や【明るいだけ】というコーディネートは避け、濃い色と明るい色を着こなしの中に用いることで、コントラストを意識するようにしてください。

トーン・オン・トーン配色

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。