お薦めのニットブランド松竹梅

大人の男性のマストアイテムといえば、何と言っても「ニット」だと考えています。この記事を書いている今も、僕は実際にニットを着ています(笑) 1年の中でも夏以外はニットを着ているわけですが、最近では「半袖ニット」というのもありますので、夏でもニットを着ています。

そんな僕たち大人の男性にとって重要度の高いニットにも、「松竹梅」が存在します。もちろんみなさんのご予算に合わせて、無理のない範囲で購入していただくのが良いかと思いますが、様々なブランドを知っておいて損はないかと思います。

こちらでは大人の男性におすすめなニットブランドを松竹梅形式でお伝えしてみたいと思います。たまには背伸びをして、上質なニットにも触れてみてください。

ユニクロ


【参照】http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405134-69

もっともリーズナブルなニットが買えるお店と言えば、なんといってもユニクロが挙げられます。僕はユニクロのニットをとても高く評価しています。年々シルエットも良くなっていますし、素材の質感もかなり良いです。ところがですね、ユニクロのタグを見ると、どうしても高いものに感じられないのも事実です。ただ、仮にUNITED ARROWSのタグでも付けておいたら、僕は絶対にユニクロだと気づかないと思います。

形もオーソドックスで合わせやすいです。色を買うのであれば、あんまり冒険はせず、ブラック・ネイビー・ホワイト、この3つの中から選ぶのが鉄則です。ユニクロのニットがどんなに「お値段以上」だったとしても、やはりベーシックな色以外はちょっと注意が必要かなと。ここは冒険しないのが良いでしょう。

薄手で目の細かい「ハイゲージ」と、少し厚手の「ミドルゲージ」 それぞれ用意しておくといいですね。前者はジャケットの下に着るインナーとしても活躍します。

セレクトショップのオリジナル


【参照】http://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/goods.html?gid=25865019

続いておすすめしたいのがセレクトショップのオリジナルです。僕が個人的に一番よく買うのは「UNITED ARROWS」のニットです。まさに王道と呼べるような、使い勝手の良いニットが毎シーズン並んでいます。オーソドックスなネイビーやブラック、ホワイトももちろん良いですが、ユニクロでは出せないような鮮やかな色味を揃えると良いでしょう。

上の写真のようなブルー系もいいですし、モスグリーンなんかも素敵です。こういう色の質感には値段の差がしっかりと出るので、セレクトショップで購入するのが良いかと思います。

UNITED ARROWS以外だとトゥモローランドもニットの色味がいいですね。UAとトゥモローランドにも若干の見た目の差があります。元々ここはニットブランドから派生していますので、ニットには業界内でも定評があります。ちょっと値段が高くなるので、個人的にはUAの方がお気に入りです。といいながらも今日はトゥモローランドの丸首ニットを着ています(笑) 

UAで1.5万円、トゥモローランドで1.8万円くらいなので、それぞれぜひトライしてみてください。

ニット専業ブランド

そして最上級に位置するのが海外のニット専業ブランドです。いくつか選択肢はありますが、おすすめは「ジョンスメドレー」「クルチアーニ」「グランサッソ」の3つです。値段もグッと上がって、3万円前後になります。見た目の差はというと・・・確かにありますが、パッと見で分かる範囲ではありません。

でも分かる人には分かる。そして気分がいいんです(笑) でも僕は微妙なところで、セレクトショップのオリジナルとニット専業ブランド、割合としては2:1くらいですかね。気軽に買えるセレクトショップのオリジナルも僕はすごく好きです。ただ満足感は後者の方が断然上です。何事もバランスですね。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。