ステンカラーコート



春先と秋口に活躍するのがコットン素材のステンカラーコートです。形はいたってオーソドックスなデザインなのですが、大人の定番的コートとして長く使うことができるアイテムです。カジュアル使いもできますが、ビジネスでも用いることができるアイテムでもあります。

色は様々な選択肢がありますが、オーソドックスにネイビーを選ぶようにしましょう。基本の1着が揃ったら、ベージュなどの明るい色を揃えてみるのもおすすめです。

購入すべきお店

ステンカラーコートはユニクロでも購入ができます。実際に僕個人も持っていますが、なかなかよくできています。コーディネート次第で上手く活かすことは可能ですので、試してみるのも良いでしょう。

ただ、アウターはそんなに頻繁に買い換えるものではありませんので、少し背伸びをして揃えるくらいでも良いと思います。オンでもオフでも使えますので、投資する価値はあると思います。価格帯別に見ていくと以下の通りです。

ユニクロ→1万円前後
ユナイテッドアローズグリーンレーベル→2.5万円前後
シップス→2.5〜3.5万円前後
エディフィス→3.5万円前後
マッキントッシュフィロソフィー→5万円前後
マッキントッシュ→15万円前後

おすすめは各種セレクトショップでの購入です。およそ3.5万円くらい投資をすれば、長く使えるコートが揃うはずです。僕はユニクロからマッキントッシュまで幅広く試しましたが、高すぎるものを持つ必要はないように感じています。服にも緩やかな流行がありますので、無理をしすぎない範囲で揃えてみましょう。

襟立てで印象が変わります



ステンカラーコートの着こなしにおける1つのコツをお伝えします。襟を立てて着てみてください。まずは襟全体を立てます。そして襟の前部分は自然に下ろします。すると後ろ襟だけが立っている状態になります。

シンプルなコートなだけに、このようなちょっとした着こなしで見え方が変わります。少しオシャレ感が出て、カジュアルな雰囲気が増します。ぜひ試してみてください。

コーディネート事例

続いてステンカラーコートのコーディネートについて解説します。



良くも悪くもベーシックであるステンカラーコートはコーディネート次第で見え方が大きく変わります。ビジネスライクな印象の強いアイテムですので、ボトムスは上の写真のようにブルージーンズのようなカジュアル感のあるものを合わせるのが鉄則です。

スラックスだとビジネスライクになりますので避けるようにしましょう。



ベージュのステンカラーコートは雰囲気が一気に明るくなります。白の丸首のニットとベージュのコートを合わせて上半身は明るめに。ボトムスはブルージーンズやブラックジーンズなどで色を引き締めます。コントラストを意識すると着こなしが一気にまとまります。



ぜひ試していただきたいのが、コートの内側にパーカを取り入れるスタイルです。コートが持つビジネス感にカジュアルさが漂いますし、良いアクセントとして機能します。

このようなスタイルは女性の印象も良いので、ぜひ積極的に取り入れてみてください。



中級者向けのコーディネートとなりますが、カーキ(オリーブ)のステンカラーコートを着こなせるとおしゃれに見えます。単体で見るとややカジュアルに感じるカーキ色も、ライトグレーのニットを取り入れることで上品さが漂います。

ボトムスもセンタープレスの効いたスラックスを合わせているのもポイントです。カジュアルときれいめのバランスがしっかりと取れています。