衣服の細かなサイズ調整について

衣服のサイズとお直しについて解説したいと思います。男性のファッションには華美な演出よりも、小さなこだわりの積み重ねが大切です。どんなに高いジャケットを羽織っていても、サイズ感が正しくないと他人から素敵に見えることはありません。

そもそも衣服というのは私たちの身体にぴったりに作られたものではありません。そのため買った服がそのままぴったり合うということはそんなに多くありません。たとえば身長164センチ、体重54キログラムの僕は42やXSというサイズ表記のものを買うことが多いのですが、お直しをして調整することも多いです。

僕の身長だと、着丈が長かったり、袖が長かったり、身幅に余裕がありすぎたり、そんな理由で「服がなんとなくハマらない」ということが多いです。服を自分の身体の特徴に合わせて直していくという作業はとても大切だということを認識してください。

アイテム毎に注意すべき点について考えていきたいと思います。

シャツ


http://image.rakuten.co.jp/dan-yuasa/cabinet/00983382/img55816766.jpg

まずはシャツです。注意すべきなのは「袖の長さ」です。ここが長すぎると野暮ったく見えてしまいますので、長さを確認してみてください。目安は袖のボタンをしない状態のとき、裾の先端が親指の付け根の位置よりも長い場合はNGです。お直しをしてください。シャツは腕を曲げたりする際に、生地に多少のあまりがないと着づらいため、これくらいの長さが1つの基準になります。

続いてはシャツの着丈の長さです。ビジネス用のシャツであれば、パンツにインをするため、長さを気にする必要はありません。問題はシャツを外出しする際です。この場合に長過ぎると素敵に見えませんので、場合によっては着丈の長さも調整する必要があります。


http://woreks2011.exblog.jp/iv/detail/?s=17907241&i=201203%2F04%2F60%2Fb0239960_03587.jpg

着丈の目安ですが、股の位置よりも長い場合は調整した方がいいです。理想は股とウエストの中間位置くらいの長さです。短すぎるとバランスが悪いので気を付けるようにしてください。下の写真の長さを基準としてみてください。

ちなみに着丈を短くする場合、一番下のボタンから裾の端までの距離が短すぎるとバランスが悪くなってしまいます。この辺りは店員さんと相談しながら、直す長さを検討してみてください。着丈は1.5センチでも短くすると、感じられ方は大きく変わります。この辺りにはぜひこだわってみてください。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。