海やプールで活躍する大人の水着の選び方

夏と言えば海やプールですね。僕はカナヅチなのでまったく泳げないのですが、最近は子どもが生まれたこともあり、海やプールというものが避けて通れなくなりました。最初はあんまり気乗りしませんでしたが、行くとやっぱり楽しいですよね。太陽を浴びるだけでも、なんだか気分が良くなりますね!

そこで気になるのが水着です。どんなものを選べばいいのか分からない・・・というお悩みの方も少なくないかと思います。ということで、今回はハワイやグアムなどのリゾートでも使えるような「大人のおしゃれな水着」について具体例を挙げながら解説できればと思っています。

水着選びの大前提

まず大前提として、水着にも流行があります。これはカジュアル着である「短パン」のトレンドと連動しています。つまりは「丈の長さ」が時代によって微妙に変わってくるのですね。

一昔前の水着といえば、かなり丈が長く、膝が隠れるようなものも多かったのですが、今ではもう少しスッキリとした丈感の物が多くなっています。この流れは3〜4年くらい前からあり、今後もしばらくは継続しそうです。

そんなに水着のトレンドはちょこちょこ変わるものではありませんが、流石に5〜7年以上経ったら買い替えを検討してみると良いかと思います。

続いて柄ですが、無地でもいいですし、多少の柄があっても問題はありません。柄はボーダー系の物が合わせやすいでしょう。これから具体例を出していきますが、大人が着ることを想定すると、圧倒的にボーダー柄が多くなりました。「困ったらボーダー」を選ぶと失敗しません。

そして「どこで買うのか?」ですが、これはZOZOTOWNでの通販をおすすめします。お店を回って見つけるというのは想像以上に手間が掛かるからです。ZOZOでしたら、価格帯も絞れますし、まとめてかなりの量を見れますので圧倒的に便利です。

では早速具体例を見ながら更に選び方のコツについて考えていきましょう!

水着


http://zozo.jp/shop/saturdayssurfnyc/goods/30653775/?did=53903877

まずご紹介するのは、夏場のTシャツでご紹介することの多かった「サタデーズサーフ」の水着です。もともとサーフ系の色合いの濃いブランドなので、もちろん水着にも力を入れていますし、デザインもこなれています。

先程もお伝えした通り、丈の長さは短めです。これはおそらくモデルさんが着用しているので、僕ら一般人が着ると、さすがにもう少し足が隠れる長さになります。丈が長すぎると、重心が下に来るので、足が短く見えてしまいます。実は丈が短いほうがスタイルがよく見えるのですね。

僕も私物の水着はサタデーズの物を使っています。柄は僕もボーダーです。ネイビーとグリーンの爽やかなツートンは大人の男性にも似合いやすいでしょう。


http://zozo.jp/shop/styleblock/goods/31339487/?did=54890712

こちらもサタデーズ。ネイビー×ホワイトの水着はもう定番的な柄と言えます。程よく柄がアクセントとなって、こういうものは意外と女性ウケも良いかと思います。

ただこのモデルさん、すね毛は短くした方がいいですね〜(笑) 下の写真の黒人のモデルさんのシャープさとは流石に大きくかけ離れます。日焼けをしていない足でしたら、コントラストでスネ毛がすごく目立つので、必ずすね毛を処理してから海やプールへ参戦してみてください。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。