大人の男の鉄板カジュアルスタイル

こちらのページでは大人の男性に似合う「鉄板」と呼べるようなコーディネートをご紹介します。

どれもファッション初心者でも気軽に取り入れられるものばかりなので、まずはこちらを参考にしながら季節の着こなしを楽しんでみてください。

この基本的な着こなしにさえ慣れてしまえば、今後はトレンドを取り入れた着こなしにも発展しやすくなります。いきなり飛び級はせずに、まずはこのようなベーシックなスタイルから試してみてください。意外なことに上級者的な着こなしよりもこれくらいプレーンなものの方が女性の反応も良かったりします。

どのコーディネートを構築するアイテムも実はユニクロでほとんど揃えることができます。一方で少し価格帯を上げて、ユナイテッドアローズやエディフィスなどのセレクトショップを中心にアイテムを揃えると、一段上のコーディネートに仕上げることができます。個々人の予算に合わせてアイテムを買い揃えてみてください。

それでは早速見ていきましょう!

春と秋の鉄板コーディネート


【参照】https://goo.gl/NX4ffE

白のボタンダウンシャツにブルージーンズを合わせた、基本中の基本とも呼べるコーディネートです。シンプルな着こなしなだけに、こちらの方のように、シャツの腕まくりやジーンズのロールアップは必須です。

また手元に時計やシンプルなアクセサリーがあるだけでも、シンプルなスタイルに「程よいオシャレ感」を加えることができます。どんな体型の人にも似合う、キングオブ鉄板スタイルと呼べる着こなしです。

足元はスタンスミスのようなホワイトレザースニーカー、もしくは焦げ茶のスエード靴なども似合います。


【参照】http://zozo.jp/shop/nanouniverse/nogoods/?did=24171815

白の丸首ニットにブルージーンズを合わせたベーシックな着こなしです。白というのは「爽やかさの象徴」です。ブルージーンズのカジュアルな雰囲気に白の丸首ニットが一気に爽やかさを加えてくれます。

ちなみに白の丸首ニットをネイビーに変えても素敵です。少し落ち着いた雰囲気にまとまります。ここでも小物がアクセントとして効いています。

白の丸首ニットは春夏の雰囲気に、上の写真のようなグレーの丸首ニットでしたら秋口の雰囲気にぴったりです。同じようなコーディネートでもアイテムの色合いを変えることで春と秋との違いを出すことができます。

ジーンズの濃さも、春夏は爽やかさを感じさせるためにやや色落ち感のあるものを選び、秋冬はあまり色落ちのしていない濃いものを選ぶと季節感が出せます。

コーディネートが物足りなく感じたら、手首に時計やアクセサリーを付け、腕を少し露出させると良いでしょう。着こなしにおける良いアクセントになります。サングラスを首元に引っ掛けると少し上級者的な見え方になるのでぜひ取り入れてみてください。

ネイビーのジャケット×ブルージーンズといった、メンズファッションにおける王道的なコーディネートになります。休日着にも一定のこぎれいさを漂わせたい場合には、ラフなネイビージャケットを羽織るのが鉄板です。一方で、内側に着るTシャツは白をベースにした丸首のシンプルなものを選びましょう。

Tシャツ無地の白でもいいですが、このようなシンプルなプリント柄ですと、ほんのりカジュアル感が漂います。誰にでも似合う王道の着こなしと呼べます。

真冬に着るような重厚感の漂うコートではなく、こちらのような軽い雰囲気のスプリングコートを1枚揃えておくと良いでしょう。春だけではなく、秋にも大いに活躍してくれます。ベージュという色味はチノパンに使うよりも、上半身に持ってきた方がうまくいきます。コートの下には丸首のニットを合わせるのが鉄板。ぜひ試してみてください。

先程と同じコートの色違いになります。ネイビーベースだと着こなしが引き締まりますね。それぞれの良さがあるので、コートは2色持っておいても損はありません。春はベージュ、秋はネイビーと使い分けるのも良いでしょう。ちなみにどちらともユニクロのコートです。

こちらの着こなしのポイントとなるのは、白のボタンダウンシャツとグレーの丸首ニットの重ね着です。このような奥行きの感じられるコーディネートは、それだけでもおしゃれに見えやすいのでぜひ試してみてください。

白ベースのTシャツの上にネイビーのカーディガンを合わせた王道的なコーディネートです。ジャケットの代わりに、薄手のカーディガンを羽織るような感覚です。カーディガンは少し腕を見せて、時計やアクセサリーを覗かせてあげるとおしゃれに見えます。

ちなみにこちらのスタイルは痩せ型〜普通体型の方によく似合います。ぽっちゃり体型だと薄手のカーディガンがぴちぴちに見えるのであまり似合いません。ぽっちゃり体型の方には少し厚みのある丸首ニットの方がよく似合うでしょう。

こちらは「スポーツミックス」と呼ばれるような、快適さを求めつつも一定の大人っぽさを保ったコーディネートに仕上がっています。上にはフード付きのナイロンパーカを羽織り、内側には定番の丸首ニット、そしてこぎれいに見えるホワイトジーンズを合わせています。

ちなみにこちらで使っているのは、ユニクロのブロックテックパーカです。ユニクロの隠れた名品と呼べます。アウトドアブランドのノースフェイスやアークテリクスの物にすると、更にこのスタイルが洗練されます。

ファッションに着心地の良さを求める方にはおすすめのコーディネートと呼べるでしょう。

ネイビーのパーカーを使ったカジュアルなコーディネートです。ニットのような上品な織り感のあるパーカーでしたら、大人の男性が着てもカジュアルに見えすぎません。※シーグリーンというブランドのパーカーになります。

ニットの内側には白無地のTシャツを重ね、ボトムスには着こなしをきれいめに見せてくれるグレーのスラックスを取り入れています。パーカーにTシャツだとややカジュアル過ぎるので、スラックスで少し大人っぽさを足しています。

こちらも腕を少し露出させ、時計やアクセサリーを差し込むことで大人っぽい雰囲気が出せます。簡単なコーディネートなのでぜひ試してみてください。

夏の鉄板コーディネート

真夏の鉄板スタイルと言ったらこちら。ストライプのリネン(麻)のシャツに紺のショートパンツを合わせたコーディネートです。夏でも大人の男性には襟付きのトップスの方がよく似合います。

リネンでしたら休日のリラックス感も表現しやすいのでぜひ積極的に取り入れましょう。ボトムスがショートパンツでもシャツを合わせればカジュアルになりすぎません。もしショートパンツが気恥ずかしい人は、細身のネイビーのコットンパンツを合わせるのも◎です。その場合はくるぶし辺りが少し覗くくらいの長さに仕上げてみてください。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。