価格帯別のお薦めビジネスシューズブランド

こちらでは価格帯別に、僕のおすすめのビジネスシューズブランドをご紹介したいと思います。

ビジネスシューズというのは、そんなにたくさんの量を持つ必要はありません。せいぜい3〜5足持っていれば十分です。気に入ったものを履き倒すのではなく、ローテーションを組みながら、長く付き合うことをおすすめします。

今回ご紹介する靴であれば、3〜5万円までのものであれば5年程度、6万円以上のものだと、手入れや修理を怠らなければ10年くらいは使えるはずです。ちょっと背伸びをして長く気に入って履けるものを選びましょう。

ビジネスの場面では、どんな靴を履いているのかはとても重要です。特にご自身でビジネスをされている方はとことんこだわってみてください。ちなみにスーツの価格と靴の価格は揃えるのが良いでしょう。10万円のスーツには10万円の靴。これで初めてバランスが取れるようになります。覚えておいてください。

スコッチグレイン

ビジネスシューズの底値はスコッチグレインに設定したいと思います。およそ3万円前後です。リーガルを履いている人は非常に多いので、それではさすがに差別化にはなりません。せめてリーガルよりも少し価格帯が上がるスコッチグレインの靴を選んでみてください。

ビジネスシューズからスエード靴まで幅広く揃えてあります。品質もこの価格帯であれば満足できます。リーガルも悪くないのですが、ぜひスコッチグレインをチェックしてみてください。

ジャランスリワヤ


http://shop.jalansriwijaya.com/

ハンドソーンウェルテッド製法と呼ばれる、手間の掛かる製法で仕上げられた靴が、この価格帯で買えるのは素晴らしいですね。コスパ最強靴と言われるだけあって素晴らしい靴が展開されています。

スコッチグレインよりもファッション好きの間で好まれるのはジャランスリワヤです。ユナイテッドアローズでも取り扱いがあります。同価格帯であれば、ブランドイメージ的にはジャランスリワヤの方が少し上かなと思います。ぜひスコッチグレインとジャランスリワヤを比較してみてください。でも結局は足に合うのかが一番重要ですので、試着をしてみて選んでください。

三陽山長


http://www.sanyoyamacho.com/

日本が誇る靴ブランド、三陽山長。僕もかつてブーツを所有していましたが、ものすごくシルエットが美しかったです。とても気に入っていたのですが、紐を結ぶのが面倒くさくて、結局手放してしまいましたが・・・(笑) 日本製の既成靴ブランドでは信頼感があって、ぜひお薦めしたいブランドの1つです。デザインはシンプルなのですが、とても洗練されています。

チャーチ


http://www.british-made.jp/fs/british/c/churchs

チャーチといったらウィングチップの靴が思い浮かびます。イギリス靴としてまず間違いのない選択肢がチャーチです。いわゆる「高級靴」と呼ばれる中でも、割と手が届きやすいのがチャーチです。最近ではレディースも調子が良く、スタッズが打たれた靴なんかが大ヒットしました。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。