ビジネスシャツ


http://www.beams.co.jp/beamsf/

続いてビジネスシャツについて解説します。

スーツスタイルにおけるシャツはとても重要な役割を果たします。実はスーツよりもシャツの方が価格の差は分かりやすいため、量販店で売られているような1枚3000円以下のシャツは買わないようにしてください。スーツに投資するよりも、かえってシャツに投資をするようにしてください。5,000円が最低ラインの価格帯となります。

■スーツカンパニー 5,000円
■AZABU THE CUSTUM SHIRTS 6,000円
■鎌倉シャツ 5,000〜7,000円
■ユナイテッドアローズ 13,000円

ご自身の予算に合わせて、上のショップの中からシャツを買い揃えてみてください。とはいってもシャツは消耗品です。何年も着れるわけではありませんので、無理のない範囲で買い揃えてみてください。まずは1週間を回せる5枚のシャツを揃えましょう。

32

ちなみに上の写真のような華美な装飾のあるシャツはNGです。ボタンの色が黒かったり、ステッチが目立つシャツはかえって安っぽく見えます。おしゃれな人は絶対に着ません。このようなシャツをお洒落だと思って着ている方は意外に多いので注意してください。既に持っている場合はすぐに手放してください。

シャツは襟に注目する


524960f51b1664d05784f0c1c326df3c

シャツは【襟の形】を見て選びます。様々な襟型があるのですが、その中でも選ぶべきは上の写真のような「ワイドカラー」または「セミワイドカラー」のシャツです。

ワイドカラーとは第一ボタンを締めた時の襟の開きの角度が広い物のことを指します。お洒落なビジネスマンはワイドカラーのシャツを着ています。セミワイドカラーはそれよりも若干襟の開きが狭いものを指しています。ワイドカラーよりもベーシックな印象になります。

一方でスーツ用のシャツとしてボタンダウンの襟型を選ぶ方も多いのですが、元々ボタンダウンのシャツはカジュアルな雰囲気が漂うアイテムですので、ネクタイを締めるスーツスタイルにはあまり適していません。ノーネクタイの時にこそふさわしい襟型と呼べます。

今後シャツを選ぶ際にはセミワイドorワイドカラーのシャツを選ぶことをお薦めします。仮にネクタイを取ってもきれいに着こなすことができますので、ビジネスカジュアルのシーンでも活躍します。

無地orストライプの2択のみ



http://camicianista.com/

続いて色と柄です。ビジネスの場面で選択すべきなのは【白シャツ】と【淡いブルーのシャツ】この2色だけです。ピンクやグレー、ベージュなどの色はビジネスの場面にはあまりふさわしくありません。

無地の白、無地の淡いブルー、それに加えてブルー系のストライプ。この3パターンのみを揃えてください。枚数がそれぞれ2枚ずつあれば十分です。少々退屈に感じるかもしれませんが、それ以外のシャツは必要ありません。シンプルに王道のアイテムを買い揃えていきましょう。

12251827_549bd8806496c

ちなみにストライプは選び方に少し注意が必要です。上の写真のように均一の幅のストライプを選びます。ストライプの幅は細かい物が良いでしょう。あまり派手になりすぎないようなシンプルなストライプ柄を選択してください。

通販ショップも活用してみてください


cami

お近くに推奨したお店がない場合は、便利な通販ショップを活用するのも良いでしょう。中でもお薦めのシャツ専門通販サイトは以下の2つになります。

■カミチャニスタ http://camicianista.com/
■ファクトリエ http://factelier.com/products/men/shirt/

これらのショップはセレクトショップと同等のクオリティですが、幾分安く買うことができます。ぜひ積極的に取り入れてみてください。