ビジネスシューズ


http://www.tradingpost-online.jp/

続いてビジネスシューズについて説明したいと思います。

ビジネスにおける靴選びはとてもシンプルです。なぜなら長年積み重ねてきたルールが存在するからです。特に凝ったことはせず、基本に忠実に靴を選ぶようにしましょう。必要な靴の数は3足。1足を毎日履くというのはNGです。1日履いたら2日休ませるのがルールです。そうすることで靴が長持ちします。

黒のストレートチップ

e10fb94e18173b6841fe906ce92176dc

まず最初に揃えるべきは上の写真のような黒のシンプルなストレートチップと呼ばれる靴です。基本中の基本となる靴であり、誰もが一度は見たことのある靴だと思います。この靴さえ持っていれば、ビジネスの場面だけではなく、冠婚葬祭にも活用することができます。

実はこのようなストレートチップの靴にはものすごい価格帯の幅があります。下は5,000円、上は20万円まで様々な選択肢があります。正直、デザイン自体はそこまで大きな違いはありません。素材の良し悪しや、工程のていねいさが大きな価格差を生みます。

ではみなさんにはどのような靴を選んでいただきたいかというと、2〜8万円の間で靴を選ぶようにしてみてください。以下にブランドやお店を価格順に並べましたので参考にしてください。

■スコッチグレイン 2.5万円前後
■42ND ROYAL 3万円前後
■トレーディングポスト 3.5万円前後
■三陽山長 5万円前後
■クロケット&ジョーンズ 7.5万円前後

これらの靴は主に伊勢丹や阪急などの百貨店で買うことができます。42ND ROYALやトレーディングポストは知る人ぞ知る、靴のセレクトショップになります。店員さんの知識も豊富なので、足型に合った靴をしっかりと提案してくれるはずです。

三陽山長やクロケット&ジョーンズは靴好きの人であれば誰もが知るような、上質な靴ブランドです。クロケット&ジョーンズになると高級靴に分類されるので、お仕事で格の高さを表現したいのであれば、少し背伸びをして持っておくのも良いかもしれません。かかとを修理すれば、5年以上使うことができます。その点、コストパフォマンスは高いと思います。

ブラウンのストレートチップ


http://www.tradingpost-online.jp/

黒のストレートチップを揃えたら、次にチャレンジしてもらいたいのが深めのブラウンのストレートチップです。黒に次ぐフォーマルな色合いなので、スーツスタイルに合わせてもまったく違和感はありません。ほんのりカジュアルな雰囲気が漂います。形は王道であるストレートチップを選べば、カジュアルになりすぎません。

ブラウンの色が明るすぎると、スーツスタイルの中で浮いてしまうため、上の写真よりも明るめのものはNGだと考えてください。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。