みなさん、こんにちは!
スタイリストの大山 旬です。

今回はネクタイに絞っておすすめの商品を一挙にご紹介したいと思います。

ちなみに僕はスーツスタイルの中でネクタイがもっとも選ぶのが難しいと思っています。売り場に行くとわかると思うのですが、ネクタイはあまりに選択肢が多いですよね。本当に目が回ってしまいます。

またネクタイは身体の中央に位置するため、結構目立つ存在なんです。どんなにスーツにお金を掛けようとも、視界に真っ先に飛び込んでくるのは上半身の「Vゾーン」です。ここがバランス良く整えてないと、あまり素敵には見えないんですよね。

そこで今回は気に入ったものをそのまま通販で購入できるように、ピンポイントでお薦めのネクタイをご紹介できればと思っています。

それでは早速見ていきましょう!


https://www.uktsc.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=528840

まずはスーツカンパニーから。5年ほど前までは「スーツカンパニーのネクタイはちょっとね・・・」というのが僕の個人的な感覚だったのですが、ここ数年でかなり良くなってきた印象があります。

日本におけるスーツスタイルのトレンドを作っているのがビームスなのですが、その流れをしっかりと汲みながら、リーズナブルな価格帯で提供しているのがまさにスーツカンパニー。5000円前後の価格帯では、ここが一番コスパがいいですね。

ホワイト×ブルー×シルバーを基調としたストライプ柄のネクタイ。これは爽やかでとてもいいですね。先日、雑誌のコーディネートでも僕はこちらを使いました。

ストライプのネクタイは「柄の幅が大きいもの」を選ぶのが鉄則。まさに理想的な1本と呼べます。


https://www.uktsc.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=528837

先程の色違いです。ベージュ×グレー×ホワイトの配色で、やや暖色系の明るさが漂います。色が違うだけでもこれだけ雰囲気は大きく変わります。落ち着いた大人の男性に似合いそうな1本です。


https://www.uktsc.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=525832

ネイビー×ブルーのストライプもいいですね。同じ系統色の濃淡で柄を構成すると、とてもバランスがよく、収まりもいいですね。ちなみにスーツカンパニーの中でも5000円前後のものは高級ラインに位置します。それだけに質感はとても美しいですね。


https://www.uktsc.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=518347

おっさん臭さの溢れるのが「小紋柄」なのですが、僕はとても好きですね。落ち着いた大人の雰囲気が漂います。おっさんくささは、クラシックさとも言いかえることができます。昨今のクラシックなスーツスタイルのトレンドにもよく合っています。

やや大きめの柄が特徴的で、ブラウンベースにグリーンが効いています。渋めの雰囲気ですが、ディンプルを作って、サイズがしっかり合ったスーツスタイルに差し込めば、決して野暮ったく見えません。


http://zozo.jp/shop/zozo/goods/36754614/?did=62802017

実は先日、ZOZOさんにお邪魔して「zozoオリジナルスーツ」を実際に作ってもらったんですね。あくまで専門家として意見をもらいたいということで。僕が感じたことは本年でお伝えしてきました。現時点ではまだまだ安心しておすすめできるクオリティではありませんでした。試みはとても素晴らしいですし、応援していますが。

スーツ、シャツ、共に満足いかず。ただ、ネクタイだけは非常に良かったです。おもしろいのが、自分の身長に合った長さのネクタイを買うことができるということ。これは画期的でしたね。

僕のように身長が低いと、ネクタイの収まりが非常に悪いんです。大剣の先がベルトの中央に来るのが理想的なのですが、そのように結ぶと、今度は小剣がものすごく長くなる(笑) これがどうも好きじゃないんですよね。

このZOZOではベストな長さのネクタイが届きました。中でもパープルの無地の織柄がとても素敵な色合いでした。これで2,500円は破壊的な価格ですね。唯一安心しておすすめできるアイテムと呼べます。

ちなみに、ZOZOさんは僕が思ったことを否定も含めてガンガン発信してもいいというスタンスなんですね。そういう姿勢もまた魅力だと思っています。こういう柔軟な企業はどんどん伸びますね。今後に期待!


http://www.fairfax-collective.com/category/TIE/17FW001B.html

MFSでは初登場となる「フェアファクス」は国内のネクタイ専門ブランドです。百貨店でもよく見かけるブランドですので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

無地のネクタイは意外と重宝する隠れた万能アイテムです。でもただの無地だとちょっと退屈な感じも否めませんので、このような「織柄」の入ったものがおすすめです。

しかもインディゴブルーの少し明るさのあるブルーがとても素敵ですね。

続きを読むにはログインしてください