みなさん、こんにちは!
メンズファッションスクールの大山 旬です。

今回はきれいめな私服〜ラフなビジカジまで対応可能なコーディネートの紹介です。細かなストライプ柄のジャケットの内側にはTシャツを合わせました。上半身は暗くもなく、明るくもない「中間色」なので、ボトムスはネイビーで引き締めるのがポイントです。ストライプジャケットには白ジーンズはあまり合いません。全体の色合いがボケてしまうからです。

ストライプジャケットにはシャツにもよく合いますが、最近の傾向としては「ジャケットは肩肘張らずに着崩す」のがトレンドですので、あえてTシャツくらいで着るのが良いかもしれません。シャツで合わせるのであれば、ビジネスの場面がおすすめです。そのような時には僕はニットタイを使った着こなしをしています。

ちなみにTシャツですが、プリントしてあるものは「ホワイト」「グレー」「ネイビー」を基調としたものの中から選ぶと失敗しません。ビビットな色合いのTシャツを選んでしまうと、一気に全体のバランスを損ねてしまうからです。今回僕が着ているのはレミレリーフという日本のブランドのものです。ビンテージ風にアイテムを作り込むのが上手で、フラダンスしている女性の柄がすべて刺繍で施されています。

続きを読むにはログインしてください