https://aga.plus/articles/149

歳を重ねる毎に気になり始めるのが髪の問題です。10代の頃に比べると、ボリューム感も減り、セットもなかなか決まりづらくなるものです。中には薄毛が進行してしまい、ますますどうすれば良いのかわからなくなってしまう方も少なくないはずです。

薄毛のせいでファッションが楽しめない・・・ そのような方には、まずは徹底的にヘアスタイルの改善に取り組んでいただきたいと思います。上の写真を見てみてください。増毛をしたわけではないですが、まったく見え方が変わりますよね。ヘアスタイル次第で薄毛はかなりカバーすることができます。

まずは優れた事例をたくさん見ることで、「ヘアスタイルでこれだけ見え方は変わるんだ!」ということを理解してください。諦めるのはまだまだ早いです。今回ご紹介するどのヘアスタイルにも共通項がありますので、ぜひコツをしっかりと掴んでいただければと思います。


https://assets.aga.plus/articles/imageupload/1511251457358.jpg

さっそく具体例を見てみましょう。上の方のように、額部分の髪が薄くなってきた場合、前髪は短くカットします。更にサイドとバックはほぼ刈り上げるくらいに短くするのが最大のポイントです。ビフォーと比べてみると、サイドがかなり短くなっていることに気づくはずです。

これは薄毛に悩んでいる人には絶対的な条件と言えます。薄毛になると、額だったり、頭頂部の髪が少なくなる一方で、サイドやバックはしっかりと髪が残るんですね。そうなると、多い部分と少ない部分のコントラストが大きくなり、薄毛がますます目立ってしまうのです。

そこでサイドとバックを思いっきり短くする。これは最近のヘアスタイルのトレンドでもありますし、清潔感が漂うので尚よしです。そして前髪は横に流しながら額の広さをカバーするのが鉄則です。


http://img.u-note.me/note/uploadimage/1517495624177.jpg

この方も前髪と頭頂部が薄くなってきているのですが、サイドとバックを刈り上げて、コントラストを弱めています。前髪も短めにしてサイドに流していますよね。成功事例の写真を見れば見るほど、そこには共通項が見つかります。「サイド&バック短め、前髪は横流し」、ぜひしっかりと理解していただきたいと思います。

アフターの写真を見ると、ほぼ薄毛の印象はなく、スポーティーで爽やかな印象の方が強いです。完全にヘアスタイルでカバーできている良い事例だと思います。


https://www.mens-hair.jp/wp/wp-content/uploads/2015/07/eu-short.jpg

この事例も素晴らしいですね。前髪が少なくなり、額が広くなっているのを、前髪を下ろすことで少しでも隠そうとしているのが伺えます。でもこれはかえって逆効果。アフターでは横を短くして、前髪は思い切って後ろに流して、豪快に額を見せています。こうすることで、男らしさが生まれ、清潔感が一気に高まります。

額が広くなったからといって隠すのではなく、むしろ思い切って出すのも効果的です。僕も額が広いのですが、あえて隠さずに思い切って見せています。このヘアスタイルもまた良い参考になるのかなと思います。

スキンヘッドはNGです


http://beef-6.jp/wp-content/uploads/2017/11/ce7043da3c4ef83768c7f546afbd5121.jpg

「薄毛になったらスキンヘッド」と思っている方にアドバイス。スキンヘッドはあまりに威圧感が強すぎますし、怖い系の人か、お坊さんに見えてしまうことも多いです。薄毛が進行して、どうにもカバーができなくなった時でも、少しだけ髪を残すことをおすすめします。

イメージは竹中直人さん。横と後ろはほぼ坊主。頭頂部だけほんの少しだけ長さの差を付けている程度です。このヘアスタイルにすれば、威圧感も出ないですし、スタイリッシュさも出せます。もし可能であれば、ヒゲも4mm程度伸ばしてみると、顔周りにアクセントが加わりますので、よりおしゃれに見えます。

薄毛の専門家に相談するのが一番の近道

薄毛でお悩みの方でも、このようにヘアスタイル1つでまったく見え方が変わってきます。ただ、今までのヘアスタイルを大きく変えるというのは心理的なハードルが高いはずです。美容室に行くのもなんとなく気が引けるというのも理解できます。

そういったときには、薄毛の男性に特化した美容室に訪れてみてください。中でもこの分野でトップランナーと呼べるのが、「INTI」という美容室です。東京と大阪に店舗を構えているので、薄毛でお悩みの方はぜひ一度は訪れてみてください。

先日、NHKの「あさイチ」の薄毛改善のコーナーでもこちらのオーナーの方が出演されていましたが、非常に高いスキルをお持ちです。通常の美容師さんと、薄毛のカバーを専門とする方では、やはり持っている技術や専門性がまったく異なります。

少し遠出をしてでも、思い切って訪れてみる価値はあると思います。きっとご自身の生え方、悩みに応じたヘアスタイルの提案を行ってくれるはずです。

薄毛を目立たなくするテクニックは他にもたくさんある

薄毛のコンプレックスを解決するためには、まずはヘアスタイルを整える。その次には、ヒゲやメガネ、帽子などを使って「視点をずらす」という方法があります。それはまた別の記事でお伝えしたいと思います。

このようなちょっとしたテクニックを取り入れれば、ファッション自体はMFSでご提案しているもの、どれを取り入れても一般の方と変わらずに似合います。ファッション改善に取り組む前に、まずは土台となるヘアスタイルを整えることに集中してみてください。きっと劇的に見え方が変わるはずです。MFSは薄毛男性をとことん応援します!

続きを読むにはログインしてください