自分にはどんな服が似合いやすいのか?



「自分にはどんな服が似合うのか?」 これは誰もが気になる大きなテーマだと思います。世の中には、「パーソナルカラー診断」という、肌の色や髪の毛の色から「自分に似合う色」を導き出す方法があります。これらを使って「自分に似合う服」を知るのも良いでしょう。ただ、僕自身はパーソナルカラーをあまり重要視していません。

仮に、僕の肌には、「緑みを帯びた鈍い鉄紺が似合う」という診断が出たとします。まずこれらの色を実際にお店で見つけること自体が難しいです。そしてこれらの診断結果に縛られてしまうと、「似合う色」と「似合わない色」ばかりに意識が向かいすぎてしまい、肝心の「おしゃれかどうか」がなおざりになってしまうことも少なくありません。

確かに厳密に言えば、「自分に似合う色」というのはあります。ただ、そこまでマニアックに自分に似合う色を知ることよりも、もっとやるべきことは他にたくさんあります。「カラー」というのは、服選びにおける1つの要素でしかありません。

どんなデザインの服がおしゃれに見えるのか。どんなアイテムをベースとして揃えておくべきなのか。どんなサイズ感がベストなのか。そしてどんなカラーをまずは揃えておくべきなのか。このようないくつかの要素の掛け算で「おしゃれ」というのは形作られるものです。

そして僕が何よりも重要だと考えているのは、みなさんの「体型」や「顔立ち」、「性格」などの要素です。これらの要素によって似合う服は変わりますので、大枠で理解しておくと良いでしょう。

GACKT(ガクト)さんにはどんな服が似合うのかを考えてみる



たとえば、アーティストのGACKT(ガクト)さんに似合う服をみなさん考えてみてください。ガクトさんに緑や黄色、赤は似合いそうですか? 僕にはあまり似合いそうには思えません。きっと黒や白、または妖艶な雰囲気が漂う紫が似合いそうな気がしますが、どうでしょうか?

またガクトさんにヒゲは似合いそうですか? おそらく清潔感のあるクールな雰囲気が似合うので、失敗すると野暮ったさの漂うヒゲは無いほうが好ましいでしょう。ガクトさんにビッグシルエットの服は似合いますか? きっとスタイルが良いので、体のシルエットが出やすい細身の服の方が似合うはずです。

「似合う服」というのは、本人の持つ雰囲気、体型、顔立ち、キャラクターなどに大きな影響を受けるということがなんとなく理解できると思います。みなさんはどんな人柄ですか? またどんな体型で、どんな顔立ちですか? ぜひこの機会に自分自身のことを深く掘り下げて考えてみてください。

以下、「体型」「顔立ち」「人柄(キャラクター)」によってどんな服が似合いやすいのかをまとめました。1つの目安として大枠で理解してみてください。

体型


https://cdn.gocart.jp/cms/html/img/bnr_20160722151215745.jpg

体型によってどんな服が似合いやすいのかは大きく変わってきます。中肉中背の場合は、そこまで体型によってファッションが左右されたりはしませんので、ここではあえて言及しません。「顔立ち」や「性格」の要素を重視してみてください。

ぽっちゃり体型の場合、まずは似合わないものから考える必要があります。体型がそのままあらわになってしまうアイテムは避けた方が良いでしょう。たとえばタイトなTシャツ、スキニージーンズ、こういったものはなかなか似合いにくいです。またキザな印象が強く漂うようなアクセサリーもあまり似合わないです。

実はこのような「似合わないもの」だけを注意しておけば、ぽっちゃり体型の人は似合うものの範囲はかえって広いです。柄物も似合うし、ハットのようなものも、キャラクターの一部としてかぶってしまえば、まったく問題なく似合ってしまいます。ちょっと個性的なものでも、体型のおかげか、そんなにいやらしく見えないので意外と着こなせてしまいます。

芸能人だと、鶴瓶さん、ケンドーコバヤシさん、TKOの木下さんなどが該当します。みなさんおしゃれですよね。TKOの木下さんはハットなんかもよくかぶりますが、とてもよく似合っています。ヘアスタイルはあんまり凝ったものは似合いにくいので、潔く短髪にするのが良いでしょう。ヘアスタイルで主張しない方がいいです。

サイズ選びは確かに簡単ではないのですが、自分に合うサイズさえ見つけられれば、結構どんな服でも似合いやすい体型だと、ポジティブに捉えてみてください。流行りのビッグシルエットもぽっちゃり体型の人にはよく似合います。



一方で痩せ型の人の方がかえって服選びが難しいです。体にぴったり合うサイズがなかなか見つからないのと、あまりにタイトすぎたり、キザなものを着てしまうと、なんだかホストっぽく見えてしまうからです。

痩せ型のタイプの人は、あえてボーダー柄だったり、ギンガムチェックだったり、プリントTシャツだったり、少しだけでも柄の入ったものを選ぶと良いでしょう。キザに見えないような適度なカジュアル感は出した方が良いでしょう。

もちろん細身の服はよく似合いますが、ここ最近のトレンドであるビッグシルエットも似合います。その場合は上下ともビッグシルエットにするのではなく、トップスをやや大きめにして、ボトムスは細身にするとよく似合うでしょう。その逆もOKです。

ハットやアクセサリーは似合うといえば似合うのですが、キザに見えやすいので注意が必要です。アーティストや人前に立つお仕事以外であれば、あまりキメすぎないようにした方が良いでしょう。



最後にマッチョ体型です。こちらはイケメン男性と一緒で、スタイルの良さをなるべく際だたせるため、シンプルなファッションを心がけるのが一番です。あんまりゴテゴテとおしゃれにしすぎると、かえって印象が悪くなります。

シンプルな無地のTシャツ、白のボタンダウンシャツ、スポーティーなファッションはよく合います。サイズ感はビッグシルエットやタイトすぎるものは似合わないので、ごく一般的なサイズ感を意識してみてください。

ヒゲもよく似合いますが、少し威圧感が強く出すぎてしまうので、アゴヒゲだけにするなど、やりすぎないようにしましょう。全体的にシンプルを意識してみてください。

人柄(キャラクター)


https://ameblo.jp/andyouforever0918/entry-11848128300.html

人柄やキャラクターによっても似合う服は大きく変わってきます。たとえば芸能人だと鶴瓶さんや木梨憲武さん、最近だとみやぞんさんなど、根っから明るいタイプの人は、シンプルなものはもちろん似合いますが、ちょっと癖のある服まで着こなすことができます。むしろちょっとくらい癖があるものの方がより本人には似合いやすいです。

ヒゲも似合いますし、帽子も似合います。ヘアスタイルは凝ったものだと、本人の明るいキャラにはちょっと合わないので、シンプルな短髪やおでこを出した爽やかなヘアスタイルが似合います。



一方で、博多大吉さん、バカリズムさん、安住紳一郎アナなど、真面目そうに見えるタイプの人には、シンプルな服が似合います。クセのあるものだと、服に負けてしまいますので注意が必要です。

ヘアスタイルも長めだったり、逆に短髪だったり、特徴があるものよりは、「ふつうに見えるヘアスタイル」の方が断然似合います。ヒゲなんかもキャラに合わないのでもちろん無い方がいいです。

芸能人や著名人のファッションを参考にする場合にも、自分の人柄や雰囲気に近い人をベンチマークした方がはるかに参考になりますので、試してみてください。

顔立ち



イケメンだったらなんでも似合うというわけではありません。どんな顔立ちでも、自分の個性を活かせば、おしゃれに見せることは十分に可能です。

整った顔立ちの場合、服はシンプルな方がよく似合います。顔が1つのアクセサリーのような役割になるので、服まで派手だとちょっと全身がうるさい印象になります。イケメンだったらファッションはシンプルが一番です。

ディーンフジオカさんとか、竹野内豊さんなどが該当します。自分ではあんまり意識していなくても、周囲から「イケメンですね」「顔立ちが整っていますね」と言われたら、このタイプだと思ってください。個性的な服よりも、直球のシンプルなファッションの方が嫌味なく着こなせます。

あまり特徴のない、薄い顔立ちの人は日本人にはかなり多いと思います。俳優の坂口健太郎さん、加瀬亮さん、俳優・アーティストの星野源さんなど、みなさんファッションもヘアスタイルも整えていますので素敵に見えますが、顔だけを見ると、元々はそんなにイケメンタイプではありません。

このような顔にあまりインパクトがないタイプの人は、シンプルなファッションにベーシックカラーがよく似合います。ヒゲは似合わなくはないのですが、ない方が雰囲気には合います。

タイトめな服も似合いますが、トレンドのビッグシルエットなんかも、このような薄顔には割とよく似合ったりもします。

アーティストにも多い顔立ちですので、人柄、体型によっては個性的な服も似合います。シンプルな服から個性的な服まで、割と着こなせてしまう幅の広さがあります。

顔に目立った特徴がない分、様々なファッションに振りやすいのが最大の特徴です。体型や人柄との兼ね合いを見ながら、ご自身に合う服を導き出すと良いでしょう。

続いては「濃い顔」です。沖縄系の彫りの深い顔立ちやくっきり二重の人が該当します。芸能人だとワッキーさん、川平慈英さん、千鳥の大吾さんなど。このような人は断然シンプルなファッションが似合います。顔の個性が強いため、あまりファッションでごちゃごちゃしないほうがいいです。

シンプルな白のボタンダウンシャツだったり、ネイビージャケットだったり、直球ファッションが似合います。色・柄でそこまで個性を強く出す必要はありません。一方でボーダーのように少しラフに見せるようなものであれば雰囲気が柔らかくなるので◎です。その他の花柄とか、プリント系はない方が理想的です。ちょっと悪い人に見えてしまいますので。

このタイプはヒゲはよく似合います。ただワイルドな雰囲気になりすぎてしまいますので、バランスが大切です。長さは短めに整えてください。アゴひげだけにするなど、やりすぎないように注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

このように、自分に似合う服というのは、「体型」「性格」「顔立ち」など、ご本人の持つ様々な要素の掛け算によって変わってきます。自分にはシンプルな服がいいのか、もしくはちょっと特徴的なものの方が似合うのか、この記事を参照にしてみてください。

そして、最後に「似合う服」というのは自分で広げられるということも覚えておいてください。色々な服を体験すると、自信を持って着れる服が増えるため、似合う服の範囲は少しずつ広がります。ポジティブな気持ちでファッションを楽しむと似合う服の範囲は広がるということを僕自身も実感しています。

似合う服の方向性をざっくりと理解しながらも、日々のファッションをポジティブに楽しみ、似合うものの範囲を少しずつ広げていくことをぜひ意識してみてください。