ジャケット


http://www.uktsc.com/

こちらではビジネスカジュアルにおけるジャケットについて解説したいと思います。

ジャケットはビジカジスタイルにおいて、もっとも重要なアイテムです。そんなに数は必要ありませんので、使い回しの効く上質なものを1枚揃えるようにしましょう。3年間は使うことができるはずです。

ネイビージャケット



http://onlinestore.barneys.co.jp/shop/men/item/

まず始めに揃えておきたいのが、上の写真のようなシンプルなネイビー無地のジャケットです。ビジカジスタイルの王道です。素材はウール100%のものを選びます。春夏は薄手のものを、秋冬は少し厚手のものが店頭に並んでいます。それぞれ季節毎に1着用意するのが理想的です。

価格は2万円〜5万円の間でまずは選んでみてください。購入は予算によって、下記の中から丁度良いものを選んでみてください。

■スーツカンパニー : 2万円前後 
■ユニバーサルランゲージ : 2.5万円前後
■ユナイテッドアローズグリーンレーベル : 2.5万円前後
■ユナイテッドアローズ : 3万円前後
■エディフィス : 3万円前後

体型によって、どこのジャケットが身体にしっくりくるかは異なります。この中でもっともサイズの融通が効きやすいのがスーツカンパニーです。身長×ウェストサイズで細かくサイズが分かれていますので、ぴったりのサイズが見つかりやすいです。

シンプルなネイビーのジャケットであれば、どこであってもそこまで大きなデザインの差は感じられないはずです。大きく変わるのは「生地の質感」です。ユニバーサルランゲージは価格帯も中庸でありながら、素材の質がかなり良いので、もっともコスパの良い選択だと思います。

更に投資ができるという方には、イタリアのジャケット専業ブランドである、【ラルディーニ】と【タリアトーレ】をおすすめします。価格帯はおよそ10万円程度です。僕はどちらのジャケットも所有しています。ジャケットは季節ごとに2枚あれば十分足りるので、量は必要ありません。ですのであえて単価を上げて、上質なものを持ちたいと考えているからです。

ただ、これらのジャケットは前述のスーツカンパニー〜エディフィスと比較して、【明確な差】を感じられるようになってから購入することをおすすめします。最初のうちは、あまり高いものとの差を感じないと思います。いきなり飛び級をせずに、少しずつ価格帯を上げることをおすすめします。

ジャケットとスーツとの違いとは?

112

ビジカジ用のジャケットと、スーツの上着のジャケット、どのような差があるのでしょうか? 実はよく理解していない方が多いと思います。

ポケットの部分を見てください。左側のスーツのジャケットと違い、右側のジャケットはポケットが外側に付いています。そして左のスーツのポケットには上蓋が付いています。ここが大きな違いとなります。

ビジネスカジュアル用のジャケットは、この写真のように外付けのポケットの物が多いです。また着丈の長さも異なります。ビジカジ用のジャケットは少しだけ着丈が短く、カジュアルな印象が漂うように設計されています。そのため、スーツ用のジャケットをビジネスカジュアルに用いるというのはNGだと考えて下さい。それぞれ別で用意するようにしましょう。

袖の長さをしっかりと見極めてください



ジャケットにおいて必ず確認していただきたいのが「袖の長さ」です。上の写真のように、正しい袖丈だとジャケットの袖先からシャツの袖が1㎝前後のぞくようになります。ジャケットの袖が長すぎないか、逆に短すぎないかを必ずチェックしてください。

ジャケットの袖の長さには明確な基準があります。それが親指の付け根からジャケットの袖までの距離が11㎝前後であることです。まずは店員さんに「袖の長さは大丈夫ですか?」と確認してもらってください。

長過ぎる場合は、購入するお店でそのままお直しすることができます。逆に短い場合はサイズの見直しが必要です。ジャケットのサイズ感においてもっとも重要な箇所なので、必ず意識してみてください。

ミディアムグレーのジャケット


http://www.uktsc.com/

ネイビー無地のジャケットが揃ったら、続いて揃えたいのがグレーのジャケットです。グレーといっても、様々な色味があるのですが、濃すぎず薄すぎず、上の写真のようなミディアムグレーを選んでください。

グレーという色はネイビーとほぼ同列の定番色なので、使い勝手が良いです。シャツは白や淡いブルー、ストライプなど、ネイビーのジャケットと同様のコーディネートができます。一方でボトムスはネイビーのスラックスを合わせます。

つまりネイビージャケットと配色が逆になるということです。上半身がグレーで下半身がネイビーになります。ネイビーのスラックスだけではなく、ホワイトパンツもよく合いますのでぜひ試してみてください。

チェック柄のジャケット



http://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/

続いて揃えたいのがネイビーのウィンドウペンジャケットです。ウィンドウペンというのは、窓枠のようなチェック柄のことを差しています。少し上級者的な着こなしになりますが、おしゃれに見えやすく、ネイビーベースなので色合わせも簡単です。

コーディネートはそこまで難しくありません。上の写真のようにスラックスはグレー無地を選び、シャツは白か淡いブルーのボタンダウンを選びます。ジャケットにインパクトがある分、その他のアイテムはシンプルなものを合わせるとハマりがいいです。少しカジュアル感を出したい場合は、ホワイトパンツを合わせると一気におしゃれな雰囲気になります。

購入はスーツカンパニーをおすすめします。このような少し冒険的な要素があるものは、まずは高すぎない価格で試してみることが大切です。ご自身にとっての「マストアイテム」となったら、買い換えるタイミングでセレクトショップなどでの購入を検討してみてください。