ボトムス



続いてボトムスについて解説したいと思います。

ボトムスは下半身のアイテムのため、どうしても後回しにしてしまいがちですが、ボトムス次第でスタイルが良く見えたり逆に野暮ったく見えてしまうものでもあります。おしゃれな人ほどボトムスにこだわります。ぜひこの機会に新しいボトムスを買い揃えてみてください。

休日用のボトムスは何本必要なのか?


pic18

週に2度しか着ない休日着。あなたは何本のボトムスがあれば足りますか? 正直、3本もあればボトムスの数としては回せてしまいます。5本あれば十分すぎるくらいです。もし既に5本以上のボトムスをお持ちでしたら徹底的に減らしてください。そして新しい物を取り入れるようにしてください。

ここ数年でボトムスの形は少しずつ細身になってきています。3年以上前のダボッとしたシルエットのボトムスを履いていると、それだけで野暮ったい雰囲気になってしまいます。5年前に買ったブランド物のボトムスよりも、今年のユニクロのボトムスの方がよっぽど素敵に見えるはずです。

基本となる4つのボトムス


では具体的にどのようなボトムスを揃えるべきなのでしょうか? カジュアルなものからきれいめのものまで、個性の異なるボトムスを数本揃えておくと便利です。以下を参考にボトムスを新調してみてください。

1、ブルージーンズ
2、ネイビーのコットンパンツ(orブラックジーンズ)
3、ホワイトジーンズ
4、グレーのウールスラックス

もっともカジュアルなのはブルージーンズで、グレーのスラックスがもっともきれいめになります。大人のファッションは「カジュアルすぎず、きれいになりすぎない」ことが大切なので、上半身のコーディネートを考えながらボトムスを選びます。

上半身がTシャツのようなカジュアルなアイテムであれば、スラックスやホワイトジーンズを合わせます。一方でジャケットを羽織る場合はブルージーンズでカジュアルダウンすると良いでしょう。次のページからそれぞれのボトムスについて掘り下げて考えていきたいと思います。