ブラックジーンズ

こちらのページでは「ブラックジーンズ」について解説したいと思います。

「あんまり固い感じにはしたくなけど、ブルージーンズだとカジュアル過ぎるな〜」という場面って結構ありますよね。

たとえば休日にレストランで食事する時にはブルージーンズでない方が好ましいです。やはりジーンズ=カジュアル着の印象が強いため、決して万能なボトムスとは言えません。

そんな時に役立つのがブラックジーンズです。ジーンズの中でも色が黒ということもあり、フォーマルな雰囲気にもマッチしやすいです。

上半身に明るめの色を持ってきたときにはボトムスで引き締めるとバランスが整います。またストライプやチェックなどの柄物をトップスに持ってきた場合にも、ボトムスを黒ジーンズにすることですっきりとまとまります。

ブラックジーンズにはこれといって派手さはありませんが、どんな着こなしにもマッチする、とても便利なアイテムです。

サイズ感には注意を

ブラックジーンズには様々なサイズ感の物が存在します。たとえばユニクロだと「スリムフィット」と「スキニーフィット」があります。前者の方がややゆとりがあり、後者はかなりタイトです。


【参照】ピチピチすぎるサイズ感の例

10代〜20代であれば、パンツはかなり細身でも履きこなせますが、30代〜40代の男性には、上の写真のようにあまりにも細すぎるものは似合いません。パツパツにならない程度のサイズ感を選ぶようにしましょう。

痩せ型の人はスキニーフィットでもピチピチになりませんが、ややぽっちゃり体型の人はスリムフィットの方を選ぶようにしてください。

くるぶしを見せるのがコツ

ブラックジーンズを素敵に着こなすコツですが、くるぶしを少しだけ見せて履くようにしましょう。肌が少し覗くことで、軽快な印象になり、おしゃれさが増します。裾上げをする際に、店員さんに「少しだけくるぶしが覗くくらいの長さにしてください」と頼むのが良いでしょう。

ちょっとした着方で断然おしゃれに見えるようになりますので、ぜひ試してみてください。

記事の続きを読むには定期購読のお申し込みが必要です。