ホワイトジーンズ



続いてホワイトジーンズについて解説します。

ホワイトジーンズには苦手意識を持っている方も少なくないかと思います。ボトムスと言えばブルーやブラックなどの濃い色が多いため、明るいホワイトを合わせる人は少ないからです。

ホワイトジーンズは実は想像以上にコーディネートがしやすいアイテムです。多くの人が履かないからこそ、着こなしに取り入れることで「おしゃれ感」を出しやすいのも大きなメリットと言えます。

また春夏だけではなく、1年を通して着ることができるアイテムです。色合いが暗くなりがちな冬にこそホワイトジーンズは重宝します。ぜひ着こなしの中に取り入れていただきたいと思います。

汚れるのが不安という人は、ユニクロのホワイトジーンズを2本持っておくと良いでしょう。汚れたらガンガン洗えばいいのです。ブルージーンズは色落ちするので洗う際には慎重になりますが、ホワイトジーンズは色落ちすることがないのでガンガン洗濯できます。気にせずどんどん履き倒してみてください。

コーディネート例


続いて具体的なコーディネート例をご紹介したいと思います。ぜひこちらを参考にしながら、コーディネートを試してみてください。



ホワイトジーンズを使う時には、上半身はネイビーやグレー、ブラックなど「濃い色」を合わせます。上半身と下半身でコントラストを付けるとおしゃれに見えます。

こちらの写真ではネイビージャケットとグレーのデニムシャツの上半身にホワイトジーンズを合わせています。コントラストが効いていますね。腕をまくったり、足元を軽くロールアップして素足を見せると、爽やかな着こなしにまとまります。



ユニクロのブロックテックパーカを使ったコーディネートです。このようなスポーティーな着こなしにもホワイトジーンズはよく合います。上半身をブラックとグレーでまとめて、下半身をホワイトでコントラストを強める、定番的な色合わせになります。



ブルーのデニムシャツにホワイトジーンズという着こなしは、もっともシンプルで誰にでも取り入れやすいものと言えます。爽やかさ、清涼感のあるスタイルですので、女性の評判も上々です。



どうしてもカジュアルに見えすぎてしまうダウンにも、ホワイトジーンズはよく合います。清潔感漂うホワイトが、ダウンのカジュアルさをきれいに見せてくれます。冬場にもホワイトジーンズは大活躍します。



こちらの写真はビジネスカジュアルの装いですが、ホワイトジーンズはこのような使い方もできます。ジャケットやネクタイを使ったビジネスライクな着こなしにもよくハマりますので、オンオフ兼用で使うのも良いでしょう。