ぽっちゃり体型でもファッションを楽しむコツ


https://itemimg-gos.adss-sys.com/itemimg/GC060/A0GC00006HXL/03_004-600.jpg

「ぽっちゃり体型でもおしゃれを楽しみたい!」 このようなリクエストはよくいただきます。

ファッションは体型によって大きく見え方が変わります。痩せている方が着こなせる服は確かに多いですが、「太っているからおしゃれができない・・・」と決めつけてしまうのはもったいないことです。ちょっとした工夫次第で、ぽっちゃり体型を上手く活かしながらファッションを楽しむことはできます。

こちらのページではぽっちゃり体型の男性がおしゃれを楽しむためのコツについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

全体像を理解する


https://image.rakuten.co.jp/rex-2nd/cabinet/01443250/imgrc0090770288.jpg

まずは全体像から理解しておきましょう。

ぽっちゃり体型にはどんな服が似合うのかというと、あまり気取り過ぎていない「ふつうさのあるアイテム」がよく似合います。たとえば、Tシャツのデザインで言うと、色気が漂うVネック型よりも、丸首型の方が似合います。これはニットも同じです。Vネック型よりも丸首型が似合います。

色気の要素はできるだけ排除して、どこか親しみやすさが感じられるような、適度にカジュアル感が漂う物を着ると良いでしょう。また、ボーダー柄のようなちょっとかわいらしさの漂うようなアイテムもすんなりと着こなせてしまうので、ぽっちゃり体型だからこそ嫌味のないおしゃれが実現できたりするんです。

実はガリガリ体型の人よりも、ぽっちゃり体型の方が、かえっておしゃれな服を着こなせる傾向にあります。身体に厚みがある分、堂々として見えるからです。あえて体型を隠そうとはせず、身体の丸みを活かしながら、存分にファッションを楽しんでいただきたいと思います。

サイズ感について

ぽっちゃり体型だとサイズ選びは非常に悩まれるはずです。どの服を着てもパンパンになってしまいますよね。でもそれでOKです。特にトップス(上半身のアイテム)はゆとりがある服を着るよりは、身体にフィットしたものを着た方がかえってよく似合います。

ただし、「Tシャツ1枚」といったファッションはお腹の丸みがそのまま出てしまうので、できるだけ避けた方が良いでしょう。シャツのようにハリ感のあるアイテムの方がよく似合います。シャツは多少サイズ感がタイトでも全く問題ありません。

一方でボトムスはピチピチよりも少しゆとりがある方がバランスが良いでしょう。下のTKOの木下さんのサイズ感を参考にしてみてください。上半身はタイト、下半身はちょっとゆとりをもたせるのがポイントです。

揃えておきたいアイテム一覧


https://itemimg-gos.adss-sys.com/itemimg/GC060/A0GC0000DA49/03_002-600.jpg

続いて、ぽっちゃり体型の方にぜひ揃えていただきたいアイテムをお伝えします。これらのアイテムはまさに「鉄板」と呼べるものばかりです。飾り気のない、シンプルなアイテムが多いですが、これらは揃えておいて損はないでしょう。

■白のボタンダウンシャツ
■ネイビーのボタンダウンシャツ
■ボーダーの丸首Tシャツ(もしくはパーカーやニットでもOK)
■濃い目のブルージーンズ
■ネイビーのショートパンツ(グラミチが◎)
■眼鏡(だてでもOK)
■ハット(意外とキャラで着こなせます)
■ネイビーのニットorシャツ生地ジャケット
■白のスタン・スミス

こぎれいに見えるアイテムを使う


http://wear.jp/item/30058641/

ぽっちゃり体型の男性においてとても重要なのが「清潔感」です。痩せ型の男性よりも気を配らなければいけない項目です。先程もお伝えしました通り、Tシャツだと身体のラインがそのまま出てしまうので、シャツを積極的に活用しましょう。シャツは着ているだけで少しこぎれいに見えますので、必ず持っておきたいアイテムです。

■白のボタンダウンシャツ
■ネイビーのボタンダウンシャツ

この2枚はまず揃えておきましょう。これだけでもある程度はこぎれに見せることができるからです。明るい色と濃い色、それぞれもっておけば着こなしのバリエーションは広がります。ボトムスにインをせずに、外出しでシンプルに着こなしましょう。

ボトムスは濃い目のブルージーンズや紺のショートパンツがあればOKです。特に白ボタンダウンシャツ×ブルージーンズの鉄板コーディネートはぜひ試してみてくださいね。

ヘアスタイルが最重要



実は一番大切なのは、顔周りの印象です。ぽっちゃり体型の場合、ファッションであれこれ頑張ろうとするよりも、まずは顔周りの印象を整えて、「おしゃれそうな雰囲気」を高めておく。そうすると、シンプルなファッションでもぐっとセンスよく見えるようになります。

まずはヘアスタイルです。暑苦しく見えるヘアスタイルは厳禁です。とにかく短髪がいいですね。上の写真はケンドーコバヤシさん。サイドとバックを刈り上げて、前髪もしっかりと上げるスタイルです。額が見えた方が断然清潔感が出ます。

ちょっと薄毛になってきたとしても、このヘアスタイルはよく似合いますので、こちらを見本として美容師さんに見せてください。このようにヘアスタイルが今っぽいだけでも大分おしゃれに見えるようになります。ファッションにお金を掛ける前に、まずはヘアスタイルです。ここは絶対にこだわってみてくださいね。

自分を「キャラクター化」する


https://itemimg-gos.adss-sys.com/itemimg/GC060/A0GC0000DEMN/01_001-600.jpg

TKOの木下さんはおしゃれなぽっちゃり体型の代表です。彼が展開するファッションブランド「BUCCA44」のサイトは必見です。参考になる写真がたくさんありますし、サイズの展開も豊富なのでぜひ見てみてください。

上の写真のように、ボーダーTシャツもぽっちゃり体型だからこそよく似合います。ちょっとかわいい要素があった方が、体型を含めて「キャラクター化」できます。ボーダーの上には、ネイビーのジャケットや、このような薄手のコートを着れば、ボーダーの見える分量が調整できますので、そこまで子供っぽくもなりません。ぜひ着こなしの中に「ユーモラス」で「かわいらしさ」を積極的に取り入れてみてください。

コーディネートの実例を見て学ぶ

ここからは具体的なコーディネート実例を見ながら、センスの良い着こなしをインプットしていきましょう。



おしゃれぽっちゃりさんと言えば、まず最初に思い浮かぶのがクリエイティブ・ディレクターの梶原由景さん。元ビームス出身ということもあり、とてもおしゃれです。上の写真はボーダーのパーカーを着ています。これはおそらくループウィラーというブランドのモノです。

よく太っている人は横に広がって見えるからボーダー柄はNGと言われるのですが、そんなことはありません。「キャラクター化」するには、ポップでおしゃれに見えやすいので大いにアリですね。こちらに黒のショートパンツを合わせると素敵です。

そして一番に効いているのは眼鏡です。ここがおしゃれだと一気にセンスの良い雰囲気に見えます。もし可能であればヒゲにもトライしてみましょう。


http://ibought.jp/wp-content/uploads/2015/10/04_094_097_11-640x427.jpg

こちらも梶原さんの事例です。ぽっちゃり体型の方には、「白ボタンダウンシャツ×ネイビーの丸首ニット」は鉄板のアイテムです。この重ね着で結構おしゃれに見せることはできます。どちらも気取ったアイテムではなく、「ふつうさ」の感じるアイテムだからこそよくハマります。

こちらも眼鏡がいいですね。黒縁のアクセントとなる眼鏡のお陰で、センスの良い雰囲気が漂います。ぜひこれも真似して欲しい着こなしの一つです。



実はこういう蝶ネクタイのようなかわいいアイテムもぽっちゃり体型だからこそ嫌味なく着こなすこともできます。が、それを抜きにしても白シャツ、濃いめのブルージーンズの組み合わせはぽっちゃり体型には鉄板です。インディゴブルーのショップコートもよく似合っていますね。足元を革靴にすることで、こぎれいさを足しているのもポイントです。


https://gocart.jp/ap/item/i/A0GC00006HBK

グレーのスエットと白のボタンダウンシャツ、そしてボトムスは濃い目のブルージーンズを合わせています。こちらも絶対にハズさない着こなしですね。スウェットは丸首ニットに変えてもOKです。赤い靴下でちょっとしたアクセントを作っているのもおしゃれですね。基本のファッションはシンプルに。小さなところでアクセントを入れるのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? こちらではぽっちゃり体型に似合うファッションについて解説しました。

まずは鉄板アイテムを少しずつ買い揃えてみてください。そしてコーディネート例を参考に、シンプルな着こなしを実現してみてください。実はふつうの体型でも、ぽっちゃり体型でも、基本となるファッションは変わりません。

ぽっちゃり体型の方は、あまりキザっぽい服は避けて、シンプルな中に少しかわいらしさを加えながらコーディネートを意識する。それだけで十分です。ぜひ体型を活かしながら、日々のファッションを楽しんでいただければと思います。