こちらではカジュアルシューズについて解説したいと思います。

「足元を見る」という言葉があるように、靴というのは実はよく見られているアイテムです。どんな靴を履いているのかを見れば、その人がどれくらいお洒落なのかが分かってしまいます。靴にもしっかりと気を配ることが大切です。

まず始めに考えてみてください。週に2日しか履かない休日靴、何足必要ですか? 僕は「3足あれば問題なく足りる」と思っています。続いて、たった3足しか靴を所有できないとしたら、適当に靴を買えますか? 僕だったら少し背伸びをして、気分よく履ける靴を買うと思います。

ちなみに僕は5足しか靴を持っていません。ファッションの専門家でもたったの5足です。しかも休日用というわけではなく、僕の場合はオンオフ合わせてたったの5足です。そのかわり、この5足はしっかり投資をして揃えましたので、どれも気に入っています。

みなさんもまずは手持ちの靴を見直してください。あまり履いていないものは手放し、くたびれた靴は買い替えましょう。そしてこちらの記事を参考に、本当に使える靴を買い揃えてみてください。

パターンの異なる3足を揃える

大人の休日靴として必要なのは以下の3つです。

①休日用の革靴
②スニーカー
③サンダル

それぞれ役割の異なる3パターンの靴を所有することで、着こなしのバリエーションを増やすことができます。次のページからそれぞれの靴について解説してみたいと思います。