ハイゲージニット



こちらではハイゲージニットについて解説したいと思います。

ハイゲージニットというのは、目が細かく、薄手でサラリとした着心地のニットのことを指します。主に重ね着目的に使うことが多く、シャツやTシャツの上に重ねたり、ジャケットの下に着ることが多いです。大人っぽく上品な見た目が簡単に実現できます。

形はカーディガン型、丸首、Vネックの3パターンがあります。

それぞれの特徴ですが、カーディガンは定番、丸首はここ数年旬な形になっています。Vネックも定番ではありますが、ちょっとキザっぽく見える部分もあり、今では少し古さを感じてしまいます。薄手のニットは「カーディガン型」を揃えてみてください。(丸首はミドルゲージのものがお薦めです)

素材は春夏はリネンがブレンドされているものを選び、秋冬はメリノウールのものを選ぶと良いでしょう。それぞれの季節に応じて、1枚ずつ用意しておくことをお薦めします。

ユニクロのエクストラファインメリノVネックカーディガン


http://www.uniqlo.com/

ハイゲージニットのデザインはとことんシンプルなものを選びます。余計な装飾は一切必要ありません。ついひとくせあるものを選びたくなりますが、着こなしの邪魔をしてしまいますし、子供っぽく見えてしまいます。

実はシンプルなニットを得意としているのが「ユニクロ」です。生地の質感がとてもいいので、ぜひユニクロのカーディガンから買い揃えてみてください。シンプルなネイビーのエクストラファインメリノVネックカーディガンがおすすめです。これで4,000円というのは最強のコスパだと思います。

トゥモローランドのカーディガン


http://store.tomorrowland.co.jp/

ユニクロよりも少し背伸びをして買い揃えたい方には、セレクトショップのトゥモローランドのニットをおすすめします。トゥモローランドは元々ニットを得意とする会社なので、セレクトショップの中でもニットには力を入れています。シンプルなカーディガンこそ素材の質感で差が出ますので、ネイビーやブラックのシンプルなものを買い揃えてみてください。価格は1.7万円前後です。

ジョンスメドレーのカーディガン



ハイゲージカーディガンにおける最高峰といえば、ジョンスメドレーが挙げられます。圧倒的な歴史を持つブランドで、世界中で愛されているニットの最高峰ブランドです。ジョンスメドレーはファッション好きであれば一度は着ておきたいアイテムでもあります。まずは試着だけでもしてみてください。僕も持っていますが、実はユニクロのものとそこまで見た目の差は感じません。

でも着たときの満足感は別格です。このような気持ちの面でのワクワク感もファッションにおいてとても大切ですので、ぜひ試してみてください。

コーディネート事例


こちらではハイゲージニットのコーディネートについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。



白ベースのシンプルなプリントTシャツの上に薄手のカーディガンを重ねて着ています。まさに初夏に活躍するコーディネートと言えます。Tシャツ1枚だとどうしても大人の男性にはカジュアルになりすぎてしまいます。

カーディガンを1枚羽織るだけで一気に大人っぽさを表現することができます。腕は軽くまくって、こなれた雰囲気を出すのがポイントです。



もっとも簡単で定番的なコーディネート事例になります。無地のTシャツの上に、ネイビーのハイゲージカーディガンを合わせると、休日のリラックスしたスタイルが完成します。

Tシャツ1枚だけだと、どうしても僕たち大人の男性にはラフ過ぎてしまいます。ニットを羽織ることで大人っぽさを表現することができます。ボトムスはグレースラックスできれいめに着こなすのも良し。ブルージーンズでラフにするのも素敵です。



上の写真のように、つい子供っぽく見えてしまうボーダーTシャツでも、上にカーディガンを羽織るだけで大人っぽく見えるようになります。カジュアルなものを大人っぽく見せてくれるのがカーディガンの最大の魅力です。ジャケットの簡易版的な役割を果たしてくれます。



半袖のポロシャツの上にハイゲージカーディガンを重ねました。大人の男性はできれば二の腕辺りはあまり見せない方がスマートです。Tシャツやポロシャツは二の腕が露出するので、上にカーディガンを羽織ると良いでしょう。

適度にこなれた印象も漂います。