ミドルゲージニット



続いてミドルゲージニットについて解説します。

ミドルゲージニットとは、これまで解説したハイゲージ(薄手)とローゲージ(厚め)の中間に位置する、中肉厚のニットになります。ここ数年のトレンドアイテムであり、店頭で見掛ける機会も増えてきました。

ミドルゲージのニットといえば「丸首ニット」がお薦めです。奇をてらった感じは一切なく、自然に、ほんのり大人っぽい雰囲気が漂います。シャツの上に重ねるのもいいですし、Tシャツの上に着るのもステキです。ぜひ1枚は必ず揃えるようにしてください。

ホワイトもおすすめです




揃えてもらいたい色はネイビーやグレーが基本ですが、ホワイトも明るい印象になるのでおすすめです。ボトムスにはネイビーのコットンパンツかブルージーンズを合わせれば完成します。ネイビーやグレー系のニットを合わせる場合は、ホワイトデニムを選び、上半身と下半身でコントラストを効かせると良いでしょう。

ミドルゲージニットはどこで買うのか?


https://e.right-on.co.jp/

続いて購入すべきお店ですが、まずはユニクロがおすすめです。定番的なミドルゲージのニットが3000円程度で手に入ります。僕も数枚所有しています。単価を上げられる場合はユナイテッドアローズやエディフィス、トウモローランドなどのセレクトショップでの購入をおすすめします。

コーディネート事例


こちらでは具体的なコーディネート事例をご紹介します。ぜひこのまま真似をして日々の着こなしに取り入れてみてください。



もっともシンプルなコーディネートです。グレーのミドルゲージニットに濃い色のブルージーンズを合わせました。ニットは腕を少したくしあげ、時計やアクセサリーを見せてあげると、シンプルながらにおしゃれ感が漂います。

足元はローファーで少しこぎれいな雰囲気を加えるのも良いでしょう。



ライトグレーのミドルゲージニットに黒スラックスを合わせただけのシンプルなコーディネートです。ややゆとりのあるサイズ感を選ぶことで、大人の余裕が漂います。上半身を明るくして、ボトムスで引き締めるという理屈です。



先程のコーディネートの上にチェスターコートを羽織りました。きれいめのコートと丸首ニットの相性は抜群です。ぜひ試してみてください。



春らしいベージュのステンカラーコートに白の丸首ニットを合わせました。白ニットは爽やかで、上品さが漂うアイテムです。上半身は明るめに、下半身は暗めに。上下でコントラストを付けると素敵に見えます。ぜひ積極的に活用しましょう。



着丈の短いMA-1に白ニットを合わせました。MA-1がかなりカジュアルなアイテムなので、ニットの上品さでカバーしています。「全身がカジュアルすぎるかな」と感じたときにこそニットは大活躍します。



レザーの持つハードなイメージを和らげてくれるのもニットの便利なところでもあります。レザージャケットには迷わずニットを合わせると大人っぽくきれいにまとまります。



ダウンのようなスポーティーなアイテムが中心となるコーディネートにもニットは有効です。ニットを加えるだけで着こなしにこぎれいさが漂うようになります。